介護食宅配『ワタミ』の口コミ体験談、おにまつりさん(81歳男性)

*
冷凍おかずの宅配生活 始めました。 > 冷凍宅配弁当口コミ > 介護食宅配の口コミ > 介護食宅配『ワタミ』の口コミ体験談、おにまつりさん(81歳男性)

介護食宅配『ワタミ』の口コミ体験談、おにまつりさん(81歳男性)

『ワタミ』の宅配利用者のおにまつりさん(81歳男性)に介護食を利用した体験談を聞くことができました。おにまつりさんは、夫婦2人暮らしです。介護食は、昼食に利用されているそうです。
これから介護食通販を利用しようか悩んでいる方は是非、介護食宅配利用者さんの感想を参考にしてみてください。

高齢者向きの介護食(やわから食)のある宅配業者

『ワタミ』で介護食宅配を使い始めたきっかけ。

今まで長年家事を行っていた家内が転倒し、病院に入院をしたことを機に、介護食の宅配を利用し始めました。私は台所に立ったことがなく、調理をしたことがありませんでした。スーパーマーケットやコンビニエンスストアで、調理されたお弁当を購入する事もできます。しかし若者向けの味付けや、揚げ物等の高カロリーなお弁当はすぐに飽きてしまいました。
娘が紹介してくれた介護食の宅配は、無料でお試しをさせて頂き、この味付けならば、我慢することなく、たべられるのではないかと考えました。
家内が退院して帰ってきた後も、長時間台所に立ち続けることができず、以前のように調理をすることができないため、朝食を除き、昼食と夕食の介護食宅配をお願いしています。

介護食宅配『ワタミ』のメリットは?

  • 長時間立ち仕事ができず複数のおかずを作れないので便利
  • 重い調味料を購入せずに済む
  • 天気の悪い日の買い物が不要で安心
  • 毎日宅配の方が我が家に訪ねてくださるのは安心
  • 長年食べたことが無かった食材も食べれるようになった

長時間立ち仕事ができず複数のおかずを作れないので便利

良い大腿骨頚部骨折をした家内はリハビリのおかげもあって、立つことが出来るようになりました。しかし今までのように長時間台所に立ち続けられないという身体的な制約を負ってしまいました。休み休みの台所に立ち、少しの調理をすることはできますが、介護食の宅配弁当のように、3品・4品のおかずを調理する事ができないので、重宝しています。

重い調味料を購入せずに済む

80歳の私も今までは自動車を運転し、近くのスーパーマーケットまで買い物に行くことが出来ていました。家内が転倒し、骨折をしたことを機に、高齢の私も自動車の運転免許を返納することにしました。お米、味噌、醤油などの重い買い物は、自動車の免許を返納した私にとっては非常に困難です。調味料などを準備せず、食事にありつけることをうれしく思います。この点でも介護食の宅配の恩恵を受けていると感じています。

天気の悪い日の買い物が不要で安心

先に書いたように、私は自動車の免許を返納しました。一番困るのは雨の日です。傘を差しながら、近くのスーパーマーケットに買い物に行くのも億劫でなりません。また片手がふさがった状態で、荷物をもって、雨の日に外出することに危険を覚えます。以前であれば、全く感じなかった危険ですが、身内が骨折したので、明日はわが身だと感じるようになりました。やはり雨の日、雪の日そして7月、8月の暑い時期は、外で転んでしまうのではないか、転んで骨折してしまうのではないかと心配になってしまいます。そういう意味でも、身体の安全を、介護食の宅配で買っているものだと考えています。

毎日宅配の方が我が家に訪ねてくださるのは安心

今は家内との高齢世帯です。私にもいつ病魔が襲ってくるとも限りません。その時に、家内だけで救急車を呼んでもらえるか、遠方にいる娘に連絡してくれるか、不安なところが多分にあります。そういう意味で毎日、宅配の方を我が家を訪ねてくださるのは、それだけで安心を感じます。あと普段、家内の二人で話す内容も限られていますが、宅配の方が世間話をしていってくださることも、私たちの楽しみの一つです。介護食宅配を頼んで、良かったと思います。

長年食べたことが無かった食材も食べれるようになった

介護食宅配は栄養士さんがメニューを作って、しっかり栄養管理をされていると聞きます。長年、自分たちの好きなものばかりを食べてきました。なので栄養面で偏りがあったことは認めざるをえません。お弁当の中身をみると、たまに手が伸びづらいメニューもあります。しかし栄養士さんが、私たちのために、栄養管理したメニューだと考え、美味しくいただくようにしています。今まで長年食べた事がなかった、81才にして、おくらやひじきも食べれれるようになりました。

介護食宅配『ワタミ』の残念なところは?

  • 薄味だと感じることが多く、調味料を足してしまうことがある
  • 毎日食べているとちょっとずつ飽きてくる

薄味だと感じることが多く、調味料を足してしまうことがある

介護食宅配はメリットにも書きましたが、栄養士さんが栄養バランスを考えて、献立作りをしていると伺いました。そういう意味では健康的なお食事だと思います。しかしわが家の味付けからすると、多少薄味だと感じる事が少なくありません。だめだ、だめだと分かっていながら、醤油やソースなどの調味料を足してしまうことがあります。作ってくださる方々に申し訳ないと思っていますが、なかなかお弁当の薄味になれない私です。

毎日食べているとちょっとずつ飽きてくる

宅配される介護弁当は、目の前1食は非常に美味しく満足しています。しかし昼食、夕食を1日2回頂き、週に7日続くとなると、味がマンネリ化してしまい、飽きてしまいます。注文をキャンセルするのは申し訳ないので、キャンセルせずに、お弁当を食べない日が週のうち、数日あります。これはどうしようもない事だと思うのですが、なかなか手が伸びません。食べられないときもあって、ごめんなさい。あとやっぱりお刺身の生魚を食べたくなります。娘が来てくれる時に、おすし屋さんにつれていってもらうときだけ、生魚を食べられるので、お弁当でもお刺身があったらいいのにと思うことがありますが、衛生面を考えると無理なお願いだと分かっています。

今後、『ワタミ』の介護食宅配を続けたいですか。

デメリットが書いた事が克服されると一番良いのですが、贅沢も言っていられません。家内の家事負担を減らす意味でも、介護食宅配を非常に有意義で、続けていきたいと思っています。きっと大きな工場で作っている事でしょうから、我が家の濃い味にあわせたり、味付けがマンネリ化せずに時折変わっていただけると助かります。あと生魚が食べられると、もっと満足して続けられると思います。だから、注文する日数を減らして、他社の宅配弁当も使いながら、本当に嫌いにならないようにしながら続けていきたいと思います。味のことばかりを言うときりはありませんが、それ以外の面でも、介護食の宅配は我が家にとっては助かります。宅配してくださる方は非常に親切で、私たちを気遣ってくれるので、やっぱり続けていけたらと思います。

高齢者向きの介護食(やわから食)のある宅配業者