ベルーナグルメの冷凍おかずを使ってみた感想

*
冷凍おかずの宅配生活 始めました。 > ベルーナグルメの冷凍おかずを使ってみた感想

ベルーナグルメの冷凍おかずを使ってみた感想

我が家は、夫婦、子ども(4歳、1歳)の4人家族ですが、ベルーナグルメの冷凍おかず『匠のおそうざいとまるごと魚三昧』を使い始めて1週間経ちました。自然と生活の中に冷凍おかずを取り入れるようになってきました。

ベルーナグルメ・定期コースの月間ランキング

ベルーナグルメ冷凍おかずの良かった点

冷凍おかずで品数の少なさが解消されました

冷凍おかず追加おかずの品数が少ないなーというような時、特に親子丼などの丼の食事の場合、あとはお味噌汁だけで味気なかったりするのでベルーナ惣菜の「京都匠のおそうざい」を利用させてもらいました。

プラス一品を追加するだけで彩りも豊かになって栄養のバランスも偏らずに済みそうです。今までならお野菜を主菜などに使うのにお味噌汁に沢山使うのを控えていました(勿体ないので)が、冷凍おかずがあることで、お味噌汁にふんだんにお野菜を使えるようになりました。

お魚惣菜が感動の食べやすさ

サバベルーナグルメの魚惣菜は、まるごと食べられるのが本当にうれしいポイントです。焼き魚は、骨抜き加工がされているので骨は一切ありません。

煮物に関しては、圧力釜を利用して煮込んでいるので骨も丸ごと食べることができちゃいます。骨の形がしっかりと残っているにもかかわらず簡単に形が崩れるので食べやすかったです。4歳の息子も何も言わずに丸ごと食べていました。

皮も食べやすく、私は何も残すことなくペロリと丸ごと食べることができました。(旦那さんは皮を残していました。)写真はさばの西京焼きですが、焼き目もついて見た目もとってもおいしそうですよね。

魚惣菜、特に煮物は湯せんが良さそう

調理前ベルーナグルメの魚惣菜を利用し始めて数日後のこと。さんまの生姜煮を電子レンジでチンしたところ・・・。みごとに焦がしてしまいました。ラップをかけて500Wで約2分加熱と書かれていたのでそのようにしていたのですが、タレの部分が焦げてしまいました。

ですので、魚惣菜、特に煮物料理は湯せんでの調理がおすすめだと思います。ですが、私はずぼらなのでどうも湯銭も面倒なんです。なので電子レンジでチンすることがほとんどでしたが少しずつ加熱することで焦がすことはもうありませんでした。

あと、冷凍庫から出したばかりだと、タレがうまく出てこないので冷凍庫から出して数分おいておくとキレイに袋からたれも出すことができたのでおすすめです。

普段使わない食材が食卓にのぼって彩りきれい

ゆずなます普段買うお野菜やお魚は、いつも使い慣れた同じ食材ばかり買ってしまうので、ベルーナの冷凍おかずを取り入れてから、普段食卓にのぼらない食材をたくさん目にすることができ、色合いも鮮やかで見た目にもきれいです。

冷凍にもかかわらず、緑のお野菜の色もそのままで新鮮さが失われていない感じがしました。いつも同じ食材だと、作るおかず、味もありきたりで同じようなものばかりになってしまうので、いろんな食材が使われていて飽きが来なくてよいなと思いました。

昼食のおかずとしても便利

私の場合、お昼ご飯に利用する回数が増えました。今までの自分なら前日の残り物を食べたりお味噌汁と目玉焼きにウインナーみたいな昼食が多かったんですが、ベルーナ惣菜を利用することでとっても豊かな食生活になっている気がします。

1歳娘は、まだ大人と同じものを食べられないので自分一人の為に料理をしたくないという気持ちが大きくて簡単なもので済ませてしまいがちな昼食ですが、レンジでチンするだけで簡単に食卓に出せるのでずぼらな私でも苦に感じることなくおいしい昼食を楽しめています。

↑ ページのトップへ戻る

ベルーナグルメ冷凍おかずの残念なポイント

野菜惣菜は、電子レンジで解凍できないものがある

野菜惣菜の「京都匠のおそうざい」は、基本的には自然解凍がおすすめのようです。電子レンジは使用できる惣菜と使用できない惣菜があるのでその都度調べるのが意外と面倒です。

ですが、ずぼらな私としては、7~8時間後の使用を考えて冷蔵庫へ入れておくという行為自体がとてもできそうにありませんでした。あ、冷蔵庫に入れないといけないんだった。と気づくのは食事をする3時間前位なことが多かったので、電子レンジ×のものもすべて電子レンジで調理することになってしまいました。

特に気にかけてもいなかったんですが野菜惣菜は湯銭もできないみたいです。冷たい状態で食べるお料理ということなんでしょうね。でも電子レンジで温めてあたたかくてもとってもおいしくいただけました。

野菜惣菜は、袋の中身が分かりにくい

京野菜惣菜京野菜のお惣菜は、冷凍の状態だと中身が白っぽく凍っているので、解凍されるまで中身がよく見えずあまりどの食材なのか分かりにくいです。

いざ解凍されてお皿の上に乗るととっても美味しそうなんですが、解凍前の冷凍で袋に入った状態のままでは美味しそうに見えません。ですので裏面の品名を見ないといけないんですがこれがちょっと面倒です。

品名を見ただけではピンとこないものもあり、解凍してから「ああ、こういうお惣菜なのね」ということも多々ありました。2袋は同じお惣菜が入っているんですが、これも外観はほぼ一緒なので探すのが大変な時がありました。

魚のお惣菜が先に消費してしまう

魚と野菜惣菜魚惣菜と、野菜惣菜は、それぞれ10種類×2袋ずつ入っていたんですが、魚のお惣菜の方が2倍の速さで消費してしまいました。魚惣菜は、サイズは少し小さめなので小食の女性がたべるサイズという感じでした。ですので男の人だと少し物足りない量です。

小さいので4歳息子でもペロリと簡単に食べてしまいました。男性なら2種類出して丁度いいくらいかもしれません。野菜惣菜の方は、それなりにボリュームがあり、満足できる量だったので大人2人、子ども1人の3人で2袋を分けても問題なしという感じでした。

(←ぶりの照り焼き、厚揚げと里芋の京風煮)

ベルーナグルメ惣菜を利用するなら月2セット購入する必要があるかも

我が家では、夕食の品数が少ない時や、私ひとりの昼食に利用していますが、約2週間程度で使い切ってしまいそうな勢いで消費されていっています。私が今回購入した『匠のおそうざいとまるごと魚三昧』は、1ヶ月分なのでちょっと足りない気がします。

もっと頑張って料理をすればよいのですが、使い勝手の良さと便利さに甘えて2セット買ってしまいそうな勢いです。冷凍おかずの宅配を始めたのは、家族が風邪の時にストックとしておいておきたいというのが本来の理由でしたが結構な頻度で利用しています。いざ使いたい時に無いかもしれない勢いです。ですので月に使いたい量の目安は事前に把握しておいた方が良さそうです。

でも、ひとまず定期的に1セット購入しておいて、お得に購入できるお惣菜の訳ありSALE品を追加で購入するのもありかもしれません。

ベルーナグルメの詳細はこちら

ベルーナグルメ『よりどり頒布会』の詳細はこちら

↑ ページのトップへ戻る